『ワンピース』全盛期で比べる最強キャラをランキングTOP10にまとめてみました

ワンピースにおいて各キャラクターの強さは読者が気になる要素の一つだ。

これまでワンピースの原作(映画やオリジナルキャラクターなどは除く)に出てきたキャラクターの中で全盛期を比較してTOP10をまとめてみた。

『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

最強キャラTOP10を発表

”出典:『ONE PIECE』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト https://www.shonenjump.com/j/rensai/onepiece.html ”

ワンピースの作中でどのキャラが強いだろうか?ワンピースが好きな方なら誰しもが考えるであろう。

これから作中に登場したキャラクターの全盛期を比較したTOP10を発表していこうと思う。

あくまで個人的な意見である。

10位マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)

現四皇の一人で懸賞金22億4760万ベリー。

元白ひげ海賊団の一員だったが掟を破った挙句ヤミヤミの実を盗んだ。その後はバナロ島でエースとの闘いに勝利し、懸賞金0ベリーから王下七武海入りをした。

そしてマリンフォード編では白ひげに勝ちグラグラの力も手に入れた。方法は未だ判明していなく2つの悪魔の実を食べた人物は黒ひげ以外存在しない。

全ての物体を引き寄せ、悪魔の実の力も無力化にするヤミヤミの力と絶大な破壊力を持つグラグラの力を持ち、シャンクスにも危険視されていたり、計画的に動いたりなどルフィの敵としては相当手ごわい。

今後また闘う描写が描かれていき、作中最強人物になるかもしれない。だが過信、軽率が弱点だ。

9位ジュラキュール・ミホーク

元王下七武海で世界一の大剣豪で“鷹の目”と呼ばれている。

世界で12工しかない最上大業物の“夜”という刀を使用している。ゾロの目標であり一時期は師匠として剣術を教えていた。

おそらく原作中において初期から出続けていてここまで強いキャラクターは中々いない。

今の海賊の中で誰かにやられる想像が一番つかない。四皇クラスの実力を持っており、もしかすると四皇と同等かそれ以上かもしれない。

8位センゴク

元元帥で現在は大目付である。ヒトヒトの実モデル大仏の能力者で“仏のセンゴク”と呼ばれている。

ロジャー、白ひげ時代は大将としてガープと共に海軍の前線を張っていた男の一人であり、現時点では海軍の中で唯一覇王色が使える人物である。年老いてしまい裏方に回ったため、もう本気の闘いが描かれることは無い。

7位シルバーズ・レイリー

ロジャー海賊団の副船長、海賊王の右腕であり“冥王”と呼ばれていた。最後の島“ラフテル”にたどり着いた人物の一人である。

今はシャボンディー諸島でコーティング屋をしておりルフィの師匠でもある。

老いても現大将の黄猿を足止めする程の強さ。全盛期はもっと強いと考えると現四皇クラスであると分かる。

6位シャーロット・リンリン(ビッグマム)

現四皇の一人で懸賞金43億8800万ベリー。

ソルソルの実の能力者でビッグマムに対して恐怖を感じると魂や寿命を取られる。いくら攻撃を受けても傷が付かず、カイドウと実力がほぼ同じである。

ノベルエースによるとロジャー、白ひげ、シキに次ぐ海賊だった。

年齢を考えると今が全盛期、もしくはもう過ぎていると考えられる。そして食いわずらいやカルメルの写真を壊されると一時的に自我を保つことができなくなることが弱点だ。

5位シャンクス

現四皇の一人で懸賞金40億4890万ベリー。

ルフィが海賊になるきっかけになった人物で世界一の大剣豪のミホークと互角の実力を持つ。

戦闘シーンが少なく実力は未知数だが、マリンフォード編の赤犬やセンゴク、黒ひげの反応、白ひげが“お前ほどの男”と言っていたり、五老星が暴れたら手が付けられないと発言したりと、今の海賊の中では最強クラスである。

しかし、海賊であるシャンクスが五老星と会っているなど謎が多い。

4位カイドウ

現四皇の一人で懸賞金46億1110万ベリー。今の海賊の中では懸賞金が一番高い。

ウオウオの実モデル青龍の能力者で広範囲に火を噴いたり、雷を落としたり、斬撃を飛ばしたり、島を飛ばしたりすることもできる。雷鳴八卦という金棒を使う技でルフィを一撃で仕留めており、能力を使わなくても相当強い。

“サシでやるならカイドウだろう”と言われたり、作者の尾田栄一郎さんですら倒し方が分からないと言ったりなど懸賞金だけでなく実力も今の海賊の中では最強だと考えられる。

3位エドワード・ニューゲート(白ひげ)

元四皇の一人で懸賞金50億4600万ベリー。

グラグラの実の能力者であり、全盛期のころはロジャーと同等の実力を持っていた。

白ひげのことをセンゴクは“世界最強の男”、ガープは“海の王者”と呼んだり、おつるさんが世界のどこに行っても安全な場所はないと言ったり、年老いて病気にもなっていながら海軍に甚大な被害を与え、その後に黒ひげをギリギリまで追い込んだところを見ると作中最強人物の一人だと考えられる。

もし全盛期の白ひげならエースを助けることができたと思う。

2位モンキー・D・ガープ

海軍の英雄でロジャーを何度も追い込んだとされている。

ゴッドバレー事件でロジャーと手を組みロックス海賊団を壊滅させており、伝説の海賊とされるロジャーや白ひげに並ぶ作中最強人物である。

回想シーンですら未だ全盛期の戦闘シーンは描かれていないが海賊王であるロジャーを何度も追い詰めている時点で最強だということが分かる。

1位ゴール・D・ロジャー

海賊王であり懸賞金55億6480万ベリー。この懸賞金を超える海賊は過去にも存在しない。

ワノ国編の回想シーンで初めて戦闘シーンが描かれた。ロジャーと白ひげは海賊の中では頭一つ抜け出ている。

その中でもガープと共にロックス海賊団を壊滅させたり、唯一最後の島にたどり着いた海賊団の船長でもあったりと、ロジャーのほうが僅差だが上だと思う。

そしてガープに追い詰められていたが捕まってはいないので作中最強だと考えられる。

番外編

ランキングに入っていてもおかしくはないが、戦闘シーンや未だに謎が多いキャラクターを紹介する。

モンキー・D・ドラゴン

世界政府を直接倒そうとしている革命軍の総司令官で世界政府が一番危険視している。戦闘シーンがないのでランキングには入れていないが四皇クラスかそれ以上と考えられる。

イム

世界政府最高権力者の五老星よりも上の立場であり、世界政府のトップ。実力も相当高そうだが戦闘シーンどころか顔も何も分からず謎でしかないのでランキングに入れていない。

ロックス海賊団メンバー

ロジャーの前はロックスの時代だったと言われているのでロックスやその他のメンバーも相当強いと思われる。

金獅子のシキもその一員でロジャーと渡り合っていたり、映画や0巻ではマリンフォードを半壊させたりなど実力は相当高いが、他にも名前だけ出ているメンバーも戦闘シーンがないのでランキングには入れていないが、白ひげや他の四皇クラスの強さであると考えられる。

関連記事はこちら

最新情報をチェックしよう!