『ワンピース』麦わら一味がまだ行ったことがない島はどこ?調べてまとめてみました

大人気漫画『ONE PIECE』は主人公ルフィが船長とする海賊団、通称麦わらの一味が数々の島などを冒険していくことがメインである。

これから色々な島へ冒険してきた麦わら一味だが、今回はその中でも未だ麦わら一味が行ったことのない島を紹介する。

ONE PIECE.com(ワンピース ドットコム)

ラフテル

ワンピースの中で最も重要な島といえばラフテルであり、最後の島とされている。

ラフテルにたどり着けたのは海賊王ゴール・Ⅾ・ロジャーとその仲間だけで、そこにワンピースがあるとされている。そもそもラフテルという名前はロジャーが決めたとワノ国編の回想シーンで判明した。

そして、ラフテルは世界に4つあるロードポーネグリフを集め、各ロードポーネグリフに書かれている4つの地点の対角線上にあるという。

ロジャー達はログポースの最終点にたどり着いた後にラフテルに行くためにもう一度冒険をやり直していることから、ラフテルに行くためにはロードポーネグリフや古代兵器など、他にも準備や必要なものがあると考えられる。

ロジャーやその仲間はラフテルにたどり着きワンピースを確認した後に笑っていたり、リオポーネグリフに書かれている空白の100年などの情報などはラフテルにたどり着いて初めて真実を語ったりなど、謎はまだ多くワンピースという作品が最終局面を迎えたときに明かされる事実も多いと思う。

水先星島(ロードスター島)

ロードスター島とはラフテルに行くために重要な島である。

元海賊王のクルーで双子岬の灯台守をやっているクロッカスはどこの島からスタートしてもやがて一本の航路に結びつき、最後にたどり着く島の名はラフテルと言っていた。

この説明だとログポースを辿っていけばラフテルにたどり着くように思えるが、イヌアラシによるとログポースの最終点で初めてポーネグリフと古代文字の謎や、それを生み出した文明と見えぬ最後の島“ラフテル”の存在に気づくという。

クロッカスは説明を省いたのか分からないが、ログポースの最終点はロードスター島で、そこが最後の島ではないと分かる手がかりがあり、ロードポーネグリフによって最後の島に行けるということが分かる。

水先とは水の流れていく方向、船の進行方向という意味があり、ロードスターとは道しるべとなる星、目標、指標、指針という意味があるようにその島にはラフテルなどその先を示す何かがあると考えられる。

エルバフ(ウォーランド)

エルバフとは巨人族の王国であり、その島の名前はウォーランドという。

巨人族といえば誇り高い戦士とされており世界一の強国と呼ばれている。新巨兵海賊団の船長のハイルディンもエルバフ出身でルフィの子分でもある。

ビッグマムが幼少のころに育った村で、ビッグマムが暴れているところを止めようとした巨人族のヤルルとヨルルは返り討ちを受けて死亡してしまったり、ビッグマムは、娘のローラを気に入ったエルバフの王子ロキとローラを無理やり結婚させようとしてローラが逃げてしまうことがあったりとそれ以来ロキやその他の巨人族もビッグマムを嫌っている。おそらくエルバフやロキの存在は重要になってくる。

ロキとは北欧神話に登場する巨人の神の名前で、神の敵であるヨトゥンの血を引いていることから天竜人やDの一族との関係性も気になる。

海賊島ハチノス

ハチノスとは現在黒ひげ海賊団の縄張りで、かつてはロックス海賊団が結成された島で縄張りでもあった。

ロックスと黒ひげというワンピースにおいて重要な人物に関わりがあるためその島自体にもなにか謎があると思う。

ストーリー的に麦わらの一味が行くは不明だがロックスの謎と同様にハチノスの謎も明かされるときがくると思う。

ゴッドバレー島

この島もロックスとの関係が深く、ロックス海賊団がロジャーとガープによって壊滅させられた場所でもある。しかし今は跡形もなく消えているという。

オハラは世界政府の命令に背いたためにバスターコールが発令されたが、島が消えるほどでは無かったのに対してゴッドバレーは跡形もなく消えている。このことからオハラと同じくらいか、それ以上の世界政府にとって不都合なことが起きてしまったと考えられる。

この島の謎自体が空白の100年など消えた歴史に繋がるかもしれない。

関連記事はこちら

最新情報をチェックしよう!