『ブルーロック』國神が脱落!?敗者復活救済措置はあるのか考察してみた。

週刊少年マガジンで連載中の『ブルーロック』、エゴイストだらけの熱いサッカー漫画として有名な作品である。

『ブルーロック(青い監獄)』計画に召集された日本中の才能溢れるサッカーをしているポジションがFWの高校生対象とし、生き残りを賭けたデスゲームのようなことをしていく。

脱落者は日本代表になる資格を永久に剥奪されるという過酷な環境の中、召集された高校生達が死に物狂いで世界一のストライカーを目指しているが、脱落者は本当にそれで終わりなのだろうか?

2021年7月現在、コミック14巻まで発売されているが、主要キャラと思われるキャラクターまで脱落している。

主要キャラなだけあって、これで終わりと考えるにはまだ早いのではないだろうか?

敗者復活措置があるのかどうか考察していく。

サッカー漫画ブルーロック【公式】


まんが王国
漫画『ブルーロック』は全巻お読みになられましたでしょうか?
まだ読まれていない方、また1から読み直したいと考えている方におすすめなのが電子書籍サービス
ちょっとした隙間時間で読めて、スマホやタブレットがあればすぐに読める電子書籍は漫画好きにはとても便利なサービスとなっております。
そこでおすすめしたい電子書籍サービスを比較したランキング形式の記事がありますので、電子書籍をご検討している方に是非お読みして欲しいです。
無料で漫画が読めたり、色々とお得な情報も記載しておりますので気になる方は是非チェックして下さい。
>>漫画ファン必見!電子書籍サービス比較ランキング7選【※失敗なし】

敗者復活措置はあるのか?

敗者復活措置についてだが、國神が士道に負け脱落した後に、敗者復活がありそうな描写が描かれている。

このことから敗者復活措置はあると私は考える。

U-20日本代表戦が終わった後に何かしらあると思われる。

作中で主要キャラであった國神が脱落、このままバイバイっていうには勿体ないと思うし、敗者復活措置でより強くなって戻ってくるといった熱い展開があった方が、読者側としても面白いのではないだろうか?

あくまで予測ではあるが、敗者復活措置はあると思う。

脱落した主なメンバーで今後登場しそうなキャラ

・吉良涼介
松風黒王高校2年で才能が溢れる選手で将来を期待され、人柄も良く好青年という言葉が似合う。主人公である”潔”が所属する高校と県大会決勝で戦い、勝利し全国大会出場を決めている。
しかし、『ブルーロック(青い監獄)』入寮試験で、時間終了間際に蜂楽のパスを受けた潔のシュートで当てられてしまい脱落している。
出オチキャラとなってしまったが、最初のインパクトが強く、このまま終わりにしてしまうには勿体ないキャラでもあるので、今後の敗者復活措置で登場が期待されるキャラの一人でもある。

・國神錬介
一次選考で主人公”潔”と共に活躍し主要キャラの一人でもあったことから、まさか國神が脱落するとは…と思った方は多いはず。
正々堂々をモットーとし、サッカーでスーパーヒーローになることが夢である。
フィジカルを活かしたロングシュートが得意で、一次選考最終戦では40mある距離から無回転シュートでゴールを決めるなど、ストライカーとしての才能がありながらも、2次選考で脱落している。

・成早朝日
一次選考時は主人公”潔”と同じチームZのチームメイトとして登場する。
一次選考では特に目立った活躍は描かれることはなく、ブルーロック参加者の中でも才能がずば抜けてある選手ではない。
二次選考時に、成早は馬狼とチームを組み、潔と凪チームに戦いを挑むが負けてしまい脱落している。
脱落が決定した後、ブルーロックに参加が決定した時の描写が描かれ、家族の為にも頑張っていたことがわかった成早、敗者復活措置で戻ってきた時は何かしら突出した能力を身に着けて戻ってくる可能性が考えられる。

・大川響鬼
一次選考時、チームYの得点源として活躍していた選手。
熊本県大会では得点王に輝き、シュート能力は高いようだが、あまり大川について描かれることはなかった。
大物感を漂わせて登場した割に、大した出番も無く退場したキャラだからこそ、敗者復活措置で復活の可能性があるのではないだろうか。

・伊右衛門送人
一次選考時は主人公”潔”と同じチームZ、元のポジションはFWだが勝利に徹する為に自らゴールキーパーになり、ゴールキーパーとしては活躍していたが、FWとしては活躍がなかった。
チームZ内でも信頼され、人間性は良いがサッカーの才能はどうなのかいまいちわからず脱落している。
敗者復活措置で復活、誰も想像できなかった能力を開花させて戻ってくる可能性も多少ながらあると考える。

敗者復活展開は面白くなるのか?

敗者復活措置が行われているとしたら、脱落したキャラがまた登場し、また熱い展開が繰り広げられるかもしれない。

しかし、せっかく300人から減らして来たのにまた何人も増えるということにもある。

敗者復活措置で10人以上戻ってくるようであれば、個人的にはあまり臨んだ展開とは言えない。

今まで必死にしがみ付いて生き残って来たメンバーがいる中、敗者復活措置でまた戻ってくるというのはなんとなく甘すぎるような気がしてしまう。

あくまでブルーロックは生き残りサバイバル、いわゆるデスゲームの要素が強い漫画だからこそ、一度脱落したキャラはもう登場しないのが定石と考えていただけに、敗者復活措置が行われたなら少し残念なような気がする。

でも、國神のような主要キャラが戻ってくるのは復活したキャラのファンにとっては嬉しいことでもあると思うので、敗者復活措置で戻ってくるメンバー次第で良かったと思えるかもしれない。

関連記事はこちら


電子書籍サイトを無料で楽しむなら『まんが王国』と『Amebaマンガ』を特におすすめしております。
無料会員登録で楽しめるのがメリットであり、無料会員登録も数分で終えることができるのですぐに楽しめるのも良い点でもあります。
2021年9月時点で『ブルーロック』1巻も無料で読むことができますので、是非お試し下さい。
>>【まんが王国】無料なのか?実際に登録して無料で漫画が読めるのか確かめてみた
>>『Amebaマンガ』無料で漫画が読めるのか無料会員登録して実態を調査してみた
最新情報をチェックしよう!